未来には期待したいと思います。

30代既婚貧乏男の中年男性応援ブログ。

禁煙を一年した話(継続中)

こんにちは!pojitaです!

禁煙中です。タバコをやめて1年くらいです。

禁煙する直前までタバコ大好き人間でした!

タバコも手巻きタバコ。

「銘柄はコレで、ペーパーコレで、フィルターはコレ!」

ってな具合にこだわりの一本に命を懸けてました!笑

タバコをやめたきっかけ

そんな僕がタバコをやめたきっかけは、

「歯」と「歯茎」です。

なんとなく歯茎の調子が悪いと思い歯医者にいくと

歯周病の診断がでました。

そして、口の中の写真を撮って見せていただいたんですが、

ものすごく汚い。

歯茎も腫れてました。

そこに現れたのがすごく綺麗な女医さんでした。

その方がこんなに汚い口の中の僕にもすごく優しかったんです。

次に現れたのがすごく綺麗な歯科衛生士さんです。

こんな汚い僕の口の中を丁寧に処置してくれました。

動機は不純な方がいい

僕はこの綺麗な女性2人に汚い口の中を見られた恥ずかしさで

その場から逃げ出したい気持ちでした。

ただ、それと同時に湧き出た感情

「この2人にいつか褒められたい・・・」

帰り道、僕は手に持っていたタバコをコンビニのゴミ箱に捨てました。

部屋のタバコもライターも灰皿も全て捨てました。

はじめの一週間は本当に辛い

禁断症状が出るのは最初の一週間って言うのは

どこかで聞いた事があったので

最初の一週間だけは何が何でも我慢しようとまず決めました。

禁煙用のガムを買ってきて吸いたくなった時はガムを噛みました。

ランニングをはじめました。タバコをやめた事による体調の良さを

実感する為です。

タバコを吸ってから行動するタイミングを、すぐ行動に切り替えました。

約5分早く行動できるようになります。

タバコを吸っていては成り立たない生活

この生活を続ける事によりタバコを吸いたいと

言う気持ちは次第に薄れていきました。

そして、今の生活を保つ為に必要な

自分の体力と時間配分とお金を考えると

もうタバコを吸う生活には戻れません。

自分が無駄にしていた

体力、時間、お金の事を考えると

タバコを吸わない人に勝てるわけがないと思いました。

タバコが僕にくれたもの

タバコを吸う事によってできた素敵な思い出もあります。

タバコを吸う事によってできた素敵な友達もいます。

だから、僕はタバコを「百害あって一利なし」とは

思いません。

タバコを吸う人を否定する事も絶対にしません。

ただ、僕はタバコが僕にくれたものに感謝しますが

タバコを再び吸う気はありません。

 

「ありがとう煙草・・・さようなら煙草・・・」

 

 

三ヶ月に一度、歯医者さんに定期健診で通ってますが、

まだ一度も褒められてはいません。