未来には期待したいと思います。

30代既婚貧乏男の中年男性応援ブログ。

未来の自分に憧れる

未来はだれにも見えないし、将来の自分に会えるわけではない。

子供の時から自分の将来を想像して憧れていました。

小学校の文集に書いてある将来の夢は「有名人になる」

ホントは「ジャニーズに入りたい」って書きたかったのに

恥ずかしくて書けませんでした。

中学生になっても高校生になってもこの「恥ずかしさ」

のせいで具体的な将来の夢っていうのが見つける事ができませんでした。

「どうせ俺なんかには無理」

って思う癖がついてました。

ただ、将来の自分には憧れてました。

こんなダメな自分を卒業してきっとカッコいい自分になっているだろう。

18歳ではなんとなく26歳の自分に憧れ、

26歳では34歳の自分に憧れていました。

今、自分が34歳になってみて、

環境も変わってるし、自分自身も変わりました。

ただ、あのころ思い描いてた自分像にはほど遠い・・・。

今が未来につながっている

今、ぼくは42歳の自分に憧れています。

仕事で独立して、何事にも物怖じせずに余裕のある男になりたい。

貧乏は卒業したい。

未来の憧れの自分になるために

小さな事、めんどくさい事、大変な事、怖い事

いろんな事に挑戦したいと思います。

いつか想像した自分を超えた自分で生きていたい。

未来には期待したいと思います。笑